1982年に登場し、現在も全車が元気に活躍する小田急8000形。
LSEが引退していく中、気になるのは次の廃車候補となってきそうなことです。

大規模に更新しているとはいえ、初期車の車齢は既に35年を超えました。
製造が長期に渡っていたという点で事情は異なりますが、5000形の廃車開始が車齢35年を過ぎた頃であり、そうなるといよいよ危ない時期に入ってくるわけです。

9000形が少し短命だったのですが、2600形や4000形も35年前後で廃車が開始されているので、小田急の車両サイクルはそのあたりに設定されているのでしょう。

20181007_02

少なくなってから慌てないためにも、日頃の記録が大切ですね。
沢山撮れる今のうちに、枚数を稼いでおくのが後々後悔せずに済む方法なのだと思います。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。