壁一枚を隔てて隣り合う、JR東日本と小田急の新宿駅。
そんな小田急の新宿駅に珍客がやって来ました。

それは2016年3月5日のことです。
3月26日のダイヤ改正に備え、E233系2000番台が試運転で小田急の新宿駅に入りました。
本来は壁の向こうを走る鉄道会社の車両が、小田急の新宿駅に入線したのです。

時間は当然夜遅くでしたが、当日の新宿駅は多くの撮影者で溢れました。
居合わせた人たちは、何ごとかと思ったでしょう。

20181103_03

いる場所が違うぞと言いたくなる光景です。
そして、国鉄やJRでは基本的に見られなくなった準急や急行列車として走る姿も、ある意味では面白いのかもしれません。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。