小田急の車両は、近年に電連が二段となりました。
二段電連化された車両においては、もちろんそのタイミングでスカートの形状に変化があったのですが、連結する相手側となる車両にも改造が行われました。

どうやら電連がスカートに干渉することを避ける目的だったようで、下部を直線的な形状に変更する改造となっています。
この改造が面白いのは、急に決まったのかは分かりませんが、とにかくやっつけ仕事感が満載だったのです。

20181021_03

これが改造後の姿で、綺麗に処理しようとかそういう意思が全く見られません。
切断して、裏側から鉄板を足して、とりあえず塗りましたみたいな感じなのです。

この姿が見られたのは比較的短期間で、追って綺麗にされていったように記憶しています。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング