小田急で通勤型車両の大量置き換えが始まった頃、新松田まで走る各停が多く存在していました。
各停は本厚木までというのが基本なのですが、この時期は1時間に2本程度が新松田まで走っていた印象です。

当時の時刻表でも掘り出せばもっと断言できるのですが、すぐに出てこないのが困ったもの。
撮った写真の割合から考えると、多分そのぐらいの本数と推定されます。

20181028_05

懐かしい4000形による新松田行き各停です。
これは6連ですが、8連による新松田行き各停も多く走っていました。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。