2012年に全編成が運用から離脱した小田急5000形。
最後まで残ったのは5063Fでしたが、実際は違う予定だったという噂があります。

それは5065Fが最後まで残る予定だったというもので、人気の高さや10連でのさよなら運転に抜擢されたことからも、納得感のあるものです。
噂によれば、機器の故障とかそういった事情で、廃車順が変わったとのことでした。

20181103_06

真相は全く分かりませんし、噂話なのでデマかもしれません。
しかし、それだけ5065Fが5000形の中でも人気だったということなのでしょう。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。