小田急1000形4連の中で、唯一クヤ31形の牽引に対応する1051F。
クハ1151のみ他の編成とはスカートの形状が異なるのですが、先頭に立つ姿がなかなか見られず、貴重なものとなっています。

普段は10連の新宿方に組まれていることが多いので、この時点でクハ1151は中間に入ってしまうのです。
現在箱根登山線内以外で4連単独の運用はないので、単独で走る機会は代走や試運転のみに限られます。

こうなると、最も可能性が高いのは8連に組まれた時になるのですが、なぜか新宿方になることが多いのです。
稀に小田原方に配置されることがあり、この時は貴重な顔を見ることができます。

20181111_02

まだ4連の単独運用が多かった頃、箱根登山線内に入った1051Fです。
ワイドドア車では見慣れたスカート形状ですが、4連では唯一の姿となっています。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。