小田急からLSEが姿を消しました。
クラシックな雰囲気を残していた形式の消滅で、ロマンスカーの歴史における転換点となった印象です。

LSEは、11両連接車最後のロマンスカーとなり、独特なジョイント音を響かせていました。
連接車はSEで初めて採用され、その後もロマンスカーといえば連接車の時代が長く続きます。

SEに続いたNSEは、11両編成の連接車となり、ロマンスカーのイメージを定着させました。
LSE、HiSEと11両連接車が続いたので、ロマンスカーといえば11両の連接車となったのです。

変化があったのはRSEの登場で、御殿場線直通の関係でボギー車の7両編成となりました。
相手先の事情に合わせた変化ではありますが、ある意味ここが転換点なのでしょう。

その後EXEが登場しますが、それまでの流れを大きく変える10両ボギー車となり、ファンに衝撃を与えました。
そのスタイルも今までのロマンスカーとは大きく異なり、賛否両論を巻き起こします。

そして、それ以降11両の連接車は登場していません。
連接車として登場したVSEは、11両にするか検討はされたようですが、結果的に10両となっています。

最も小田急ロマンスカーらしいスタイルと思われる11両連接車ですが、実際は3形式だけが持つ共通の特徴であり、多数派というわけでもないのが興味深いところです。
3形式連続で採用されたという点が、印象深いというところなのでしょう。

20181124_04

11両連接車を最後に採用したのがHiSEでした。
ロマンスカーといえば展望席を設けた11両の連接車という時代は、一気に過去のものになっていくのでしょう。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。