8連が9本、合計72両が在籍する小田急2000形。
小田急で唯一8連のみで構成される形式ですが、その存在意義が揺らぎつつあります。

先日発表された来年のダイヤ改正において、新宿から代々木上原の区間でも各駅停車が10両化されるとの記載がありました。
当該の区間においては、代々木八幡駅だけホームの延伸が遅れていたのですが、いよいよ完成するようです。

小田原線の新宿から新松田まで、多摩線の全線、これらの区間で10両の各駅停車が走れるようになります。
近郊区間のホーム長に合わせて8両の各駅停車を走らせていたわけですが、いよいよこれが解消できるのです。

そうなると、わざわざ別運用にしなければいけない8両の列車は存在意義を失います。
混雑度だけで見ると、10両も必要がない時間帯もありますが、運用の効率面を見れば10両に統一するメリットが高いといえるでしょう。

現在3000形の10両化が行われていますが、当然これは10両の各駅停車を見越したものです。
来年の時点ではそこまで多い本数ではないようですが、今後ダイヤ改正の度に8両の運用は減っていくのでしょう。

そうなると、気になるのは8連を組んでいる2000形の存在意義です。
小田急において、2連の増結編成を製造する可能性はほぼないでしょうから、この先お荷物的な存在になっていくのだと思います。

20181202_03

8連で1.6mのワイドドアを装備する、将来的にこれがマイナスに作用しないということはないでしょう。
意欲作だったはずの2000形は、時の流れとともに難しい存在となってきました。

将来的には、それこそ最終生息地が多摩線になるのかもしれません。
線内を往復するだけの運用は、将来の2000形にとって居心地が良さそうです。

これからの動きがとても気になる2000形です。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング