東京メトロの千代田線からJR東海の御殿場線まで、愛称のとおりマルチな活躍をしている小田急のMSE。
ロマンスカーといえば展望車のイメージがある中、脇役として活躍しています。

そんなMSEですが、前面に装飾が行われる機会が比較的多いロマンスカーとなっています。
年始に干支のマークが掲出されるのは恒例となっていますが、それ以外にも色々とありました。

さらに面白さを提供してくれるのが、同時に二つの装飾が行われる時です。
装飾がある車両とない車両があったり、片方だけだったりと、同時に複数のパターンが存在する場合もあります。

20190104_01

写真は、ブルーリボン賞の受賞を記念した装飾と、5周年を記念した装飾が同時に行われた時のものです。
ブルーリボン賞と干支の組み合わせ等もあり、とにかく色々と装飾がされるロマンスカーとなっています。

最近はノーマルな姿となっていることが多いですが、またそのうち何かあるのかなと楽しみにしています。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング