全編成がリニューアルされ、現在も全車が元気に活躍する小田急8000形。
やたら長い年数をかけてリニューアルしていた印象がありますが、実際に何年かかったのでしょうか。

8000形のリニューアルは、2002年度に始まりました。
8251Fと8255Fが実施されましたが、この2編成のみは界磁チョッパ制御のままとなっており、現在もそのままです。

2003年度に更新された8254Fから、VVVFインバーター制御に変更され、より大がかりなリニューアルとなっていきます。
6連を中心にリニューアルが続けられ、フルカラーLEDへの変更や、細かい仕様変更を重ねました。

2007年度からは、4連のリニューアルも開始されました。
搭載機器も少しずつ変化し、バリエーションがどんどん増えていく結果となっています。

リニューアルが終わったのは2013年度で、最後まで残ったのは8059Fでした。
開始から約11年もかかったことになります。

20190104_10

両数が比較的多かった8000形ですが、11年もかかったのはリニューアルがどんどん大がかりなものになっているからなのでしょう。
このペースだとリニューアルの時期がどんどん遅くなってしまうわけですが、ワイドドア車がリニューアルの対象から外れているので、なんとなく方向性が見えてくるようにも思います。

この期間をかけてでも全編成が更新された8000形、小田急にとっては使いやすい車両なのでしょうね。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング