9000形に代わり、東京メトロ千代田線に直通する役目を担った小田急1000形。
小田急初の10両固定編成も登場し、長編成化の流れを作った元祖でもあります。

その1000形ですが、4000形の導入に合わせて、直通運用から撤退していきました。
将来的な常磐緩行線直通も理由の一つだったとは思いますが、それ以外にも撤退の理由が存在していました。

1000形で直通に対応していた編成は、10両固定編成だけではありませんでした。
6両と4両を組み合わせた10両編成が存在し、ファンの間では分割10両とか呼ばれていました。

中間に挟まれる先頭車間は通り抜けができず、客室スペースも少し狭くなっています。
地上専用車とは異なり、万が一の際は通り抜けができるような構造になっていましたが、あくまでも緊急時への備えです。

さて、2003年のことです。
韓国の地下鉄で、車両への放火による大惨事があり、多くの死傷者が出ました。
この火災において、避難誘導の不手際による人災的な要素があり、日本にも影響を及ぼすことになったのです。

1000形の分割10両においては、緊急時の避難に問題が生じる可能性が高いことから、4000形を導入して置き換えることになりました。
置き換えは分割10両から優先的に行われ、1000形は徐々に地上専用車となっていきました。

20190119_09

こうして1000形は地下鉄直通運用から撤退し、地上の優等運用で見る機会が増えていきました。
地下で響くインバーターの音は良いもので、懐かしい記憶として残っています。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング