ラスト1編成が旧塗装化され、惜しまれつつ2004年に引退した小田急2600形。
6両が22編成製造され、晩年は一部が8両に組み替えられていました。

平成に入ってからの小田急は、通勤車で編成単位の廃車が行われず、かなり平和な時期となっていました。
3000形、3100形とロマンスカーの置き換えが進む中、通勤車には大きな動きがなかったのです。

その平和な時期に終わりを告げたのが、2000年から開始された2600形の廃車でした。
久々の通勤車の廃車、それは最も手を入れられていた8両の2666Fから開始されました。

まさかの8両からの廃車で、しかもVVVFインバーター制御に改造されていた編成からだったのです。
これには理由があり、廃車となった2666Fの機器を、2054Fに転用するためでした。

その後に続く廃車も8両で、2656F、2655F、2654F、2657F、2659Fの順で廃車となりました。
全6本を同数の2000形で置き換え、2001年に8両の2600形は消滅しました。

ここで少しだけ廃車が止まりましたが、2002年から6両の廃車が開始されました。
最初に廃車となったのは、唯一未更新で残っていた2652Fで、末期はボロボロの車体が目立っていた
編成でした。
6両の置き換えには新形式である3000形が充てられ、ここから急速に小田急の車両置き換えが進んでいきます。

3000形の増備が進むと、2661F、2669F、2662F、2653F、2665F、2668F、2667F、2672F、2671F、2663Fまで一気に廃車が進められました。
残る2670Fだけが、旧塗装化され最後の活躍をしたのは、多くの方がご存知かと思います。

20190309_03

本格的に写真を撮り始めた時期の関係で、2670F以外の2600形はあまり撮っていません。
気付いた時には、ほとんどの2600形が廃車されていました。

旧塗装化された2670Fも、本来は早々に廃車となる予定だったと聞きます。
6両の2600形は12本残っていましたが、3000形の2次車までが12本となっているので、同数で置き換える予定だったことが推測できます。

予想外に8両から始まり、あっという間に全廃となってしまった2600形。
最近平和な小田急ですが、この頃のようなことがまた近々起きる気がします。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング