現在は全編成が6両となり、各駅停車を中心に運用されている小田急1000形のワイドドア車。
以前は6本の4両編成が存在しており、通常の1000形と組み合わせ、8両で各停に使用されていました。

ワイドドア車を含んで8両編成を組む場合は、通常新宿方にワイドドア車を連結していました。
これが最初から最後まで基本パターンなのですが、実験的なことがしたかったのか、違うパターンも見られる時期がありました。

印象に残っているのは、ワイドドア車だけで組まれた8両編成で、短期間だけ見ることができたのを記憶しています。
また、稀に4両単独で使用される場合があり、その際は10両の新宿方に立つこともありました。

このように違うパターンも見ることはできたのですが、ほとんどは8両の新宿方に立つ姿で、これがワイドドア車4両の定位置でした。

20190504_07

6両への組み替え直前も、定位置は8両編成の新宿方でした。
半々で違う1000形が組み合わされた8両は、一時期の定番スタイルでもありました。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング