現在はE233系1000番台が走る、JR東日本の京浜東北・根岸線。
少し前は209系が走り回る路線でしたが、その中に変わり種が在籍していました。

それはどんな車両かというと、多くが中央・総武緩行線を走る209系500番台で、スカイブルーの帯を巻いていました。
角ばった形状の209系に対し、拡幅車体の500番台は目立つ存在で、たまに現れるとお得感のある車両でした。

20190512_04

この日は廃車が始まっていた中央線の201系を撮っていたのですが、横を走る車両も後ろ向きながら撮影していました。
たまたま500番台がやって来たため、この写真を残すことができました。

やはり少数派の車両というのは、後から見ても良いものですね。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング