複々線化の際に地下駅となり、現在はロマンスカーも停車するようになった小田急の成城学園前。
地下化前は地上にある2面4線の駅で、向ヶ丘遊園に似た雰囲気でした。

地下化工事は、地上の線路を少しずつ減らしながら進められ、最初に下り副本線が使用停止されました。
その後上り副本線の使用停止、下り線の地下化、上り線の地下化と進んでいきました。

この時点で地下化が完了していますが、現在の下り線を島式ホームとして使っており、まだ複線の状態でした。

20190609_07

写真はその頃のもので、現在の下り急行線を上りとして使っていました。
車両はまだ4両だったワイドドア車です。

その後上りが切り替えられ、仮設だった下りホームを整備した後、現在のような姿になりました。

限られた土地の中で少しずつ線路を動かし、地道に地下化を進めていったことが分かりますね。
当時の光景を思い出すと、現在の姿はまるで別の駅のようです。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング