登場から10年以上が経過し、すっかりベテランロマンスカーとなった小田急のVSE。
まだまだ新しいイメージがありますが、既にEXEの次に古いロマンスカーとなっています。

そのVSEについて、現在も謎として残っていることがあります。
VSEの前照灯にはHIDが採用されているのですが、営業運転の開始前と後で、色や照度が変化しているのです。

20190630_04

上の写真は試運転時のもので、現在のように白い光ではないことが分かります。
減光状態なので分かりにくいですが、照度も今ほどではありません。

そもそも、この時はHIDなのかどうかも怪しく、営業運転の開始前後で交換されている可能性が高いのです。
何かでこの件について読んだような気もするのですが、今調べてもそれらしいことが書かれているものは見つかりません。

ただ一つ分かっているのは、営業運転の開始前はこのような前照灯で、デビューの日には現在のようになっていたということだけです。
いったいVSEに何があったのでしょうか。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング