JR東日本の東海道本線や、江ノ島電鉄との乗り換え駅となっている小田急の藤沢。
小田急で唯一スイッチバックをしており、下ってきた電車は折り返して終点の片瀬江ノ島に向かいます。

藤沢を地図で見てみると、地形的にはスイッチバックをする必要はなさそうに思います。
なぜこのような線形になったのでしょうか。

小田急の藤沢が開業するよりも前、既に東海道本線や江ノ島電鉄の駅がありました。
江ノ島線の建設にあたっては、用地買収の手間がかからないルートを選択し、西側から藤沢に入ることになりましたが、そのまま江ノ島方面へ進むと完全に江ノ島電鉄と並行してしまうため、スイッチバックをしてそれを避けることになりました。

これがスイッチバックをしている理由です。
藤沢折り返しの列車も設定されており、江ノ島線を分断する駅となっています。

20190706_02

こうしてスイッチバックとなった藤沢ですが、10両に対応したホームが1本しかなく、折り返しの時間もかかることから、江ノ島線のボトルネックとなってしまいました。
その後江ノ島電鉄がグループ会社となったことも、ある意味ではややこしい展開です。

藤沢は今後大規模な改良工事が予定されており、その姿を変えていくものと思われます。
10両対応のホームが増えるのか等気になることも多く、どうなっていくのか気になるところです。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング