古くなった車両をリニューアルし、新車に近い水準に近付けている小田急。
8000形以降大規模化し、外見的な変化が大きくなりました。

5000形以前の車両にもリニューアルが行われましたが、外見的な変化は比較的少なく、Hゴムが金属枠に変更されたのが目立つ程度でした。

そのリニューアルで、地味ながら行われていたことがあります。
それは扉下の靴ずりに見られ、ステンレス化されて無塗装となり、銀色に輝くようになりました。

靴ずりのステンレス化は、新車では5000形の6両において、増備の途中から行われています。
それ以前の車両は、リニューアルの際にステンレス化が行われており、5000形と9000形で変化が生じました。

20190819_05

しかし、2600形や4000形には行われなかったため、廃車時まで車体色と同色となっていました。
余談ですが、乗務員扉の下にある手かけについても後年設置されたもので、登場時にはありませんでした。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング