地下鉄千代田線への直通用として登場し、晩年は地上専用車として活躍した小田急9000形。
特徴的なスタイルは人気があり、1両が現在も保存されています。

1972年に営業を開始した9000形ですが、当初は千代田線が代々木上原まで到達しておらず、地上を走っていました。
登場から少し経った1976年になり、ようやく直通用の機器が設置され、1978年に千代田線への直通が開始されたのです。
既に登場から6年が経過していました。

その後しばらくは動きがありませんでしたが、1988年には後継となる1000形が登場し、1989年に一部の運用が置き換えられました。
そして、1990年のダイヤ改正で9000形は直通運用から撤退しました。
1988年には車体修理が開始されていたので、短期間ながら施行後の車両が直通する光景も見られました。

20190819_03

9000形が千代田線に直通した期間は、約12年と短いものでした。

地上専用車となった後も、引退前には東京メトロ6000系と並んで展示される等、元祖直通車としてのイメージは強く残っていました。
しかし、実際に直通していた期間はかなり短く、地上を走っていた時期のほうが長かったのです。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング