JR東日本のE233系をベースとして、2007年に登場した小田急4000形。
小田急らしく変更されている部分もありますが、それまでの車両とは多くの部分で異なっているのが特徴です。

その4000形の仕様の中で、それまでとそもそも異なっているのが編成の構成です。
1000形でVVVFインバーター制御を採用して以降、小田急はMTの比率を同じにしてきましたが、4000形は6M4Tになっているのです。
これはベースとしたE233系に合わせている部分で、独自形式ではないことが色濃く出ています。

1000形、2000形、3000形、8000形のリニューアル車、いずれもMTの比率は同じで、今度登場する新5000形もMTは同数となるようです。
3000形は初期の12編成のみが4M2Tですが、台車単位で見るとやはり3M3Tになっています。

20190916_01

6M4Tという点はE233系と同じですが、電動車と付随車の編成上の位置は異なっており、小田急独自の部分もあります。
しかし、こういった部分を見ていくと、やはり小田急の車両としては異色なのだと、再認識させられますね。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング