小田急で最後に4両が製造された形式となり、現在も17編成の4両が在籍する1000形。
4両単独で使われる機会は少なくなり、多くが8両や10両に組成されています。

1000形は東京メトロ千代田線に直通する形式として製造され、4両と6両を組み合わせた10両で運転されていました。
しかし、最初に登場したのは4両編成ばかりで、これらを2本組み合わせることで、近郊区間における各停の8両化が行われました。
登場から間もない頃の1000形は、4両単独で小田原線の末端区間や江ノ島線を走ったり、8両の各停や10両で地下鉄に直通するのが主な使われ方でした。

その後、4両単独で走る列車の減少に合わせ、線内運用でも10両の新宿方に繋がる機会が増えていきますが、多くは8両の各停と地下鉄への直通に変わらず使われていました。

変化が生じたのは3000形に8両編成が登場したタイミングで、8両を組んでいた編成を3000形に置き換え、その4両で4000形や9000形を置き換えていきました。
8両を組む編成はほとんど見られなくなり、ほとんどが10両の新宿方に組成されるか、その運用に絡んで小田原線の末端区間で4両単独で走るようになりました。

変化が少なかった地下鉄直通用の編成についても、4000形の登場で地上専用となり、他の1000形と同じような使われ方となりました。
その後の変化としては、箱根登山線内用に4編成が専用編成となり、2編成の先頭車がリニューアルで中間車に改造されました。

20191006_04

新しい4両ということで重宝される反面、現在は過剰になってきてしまい、中間車に改造される編成も出てきています。
1000形の後半から8両や10両の固定編成化が始まったので、1000形は変化が激しい過渡期の形式といえるでしょう。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング