2004年6月5日に行われた、小田急2600形のさよなら運転。
引退を記念して行われたイベントに合わせたもので、唐木田から開成までヘッドマークを付けて運転されました。

さよなら運転にはよくあることですが、当日の運転士は鉄の方で、ファンサービスをしながらの運転でした。
栗平の近くを通過する際には、前照灯が減光状態となっており、あまり見られない両側のライトが点灯した状態でした。
通過時には警笛を鳴らしていたとの声も多く残っています。

20191027_05

開成でのイベントが終わると、その日のうちに相模大野まで回送されました。
全てが終わり入庫する際、長く警笛を鳴らしていたことを覚えています。
感動的なさよなら運転でした。

当日の沿線は多くの撮影者で賑わいましたが、トラブルがあったという話を聞いた記憶がありません。
沢山の方がいても、マナーを守って撮影していたように思います。

今このような運転があったらどうなるのか、想像すると少し怖くなります。
引退から約15年、いったいなぜこうなってしまったのだろうと、考えてもその答えは出ません。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング