小田急2600形の第2編成で、8両化は行われず、最後まで6両で活躍しました。
編成単位で車体修理が実施されなかった唯一の編成で、車内を中心に未更新車の特徴がしっかりと残っていました。

最後まで未更新だったため、他の編成と比べて痛みが目立ち、大手私鉄の車両とは思えないぐらいボロボロな状態で走っていました。
8両固定編成の後に真っ先に廃車され、2600形の未更新車が消滅しました。

20191109_07
写真提供:菅井隆行

編成:6両

【次車区分】
クハ2652:1次車
デハ2602:1次車
デハ2702:1次車
デハ2802:1次車
サハ2752:4次車
クハ2852:1次車

【製造所】
クハ2652:川崎車輛
デハ2602:川崎車輛
デハ2702:川崎車輛
デハ2802:川崎車輛
サハ2752:川崎車輛
クハ2852:川崎車輛

【竣功日】
クハ2652:1964年10月27日
デハ2602:1964年10月27日
デハ2702:1964年10月27日
デハ2802:1964年10月27日
サハ2752:1967年10月17日
クハ2852:1964年10月27日

【廃車日】
クハ2652:2002年2月18日
デハ2602:2002年2月18日
デハ2702:2002年2月18日
デハ2802:2002年2月18日
サハ2752:2002年2月18日
クハ2852:2002年2月18日

20191109_08
写真提供:菅井隆行

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング