小田急2600形の中で最後まで残った編成で、晩年に旧塗装されたことで抜群の知名度を誇る。
クハ2870の前面下部の左側にある手すりが、他の編成と違って上がった位置に付いているというのが、編成としての特徴でした。

他の編成が廃車されて残り1編成となった後、2003年10月に旧塗装化が行われ、沿線は鉄道ファンで賑わいました。
2004年6月5日のさよなら運転を最後に引退し、小田急から2600形という形式が消えていきました。
引退後はクハ2670が残され、海老名検車区で保存されています。

20191117_03

編成:6両

【次車区分】
クハ2670:4次車
デハ2620:4次車
デハ2720:4次車
デハ2820:4次車
サハ2770:4次車
クハ2870:4次車

【製造所】
クハ2670:川崎車輛
デハ2620:川崎車輛
デハ2720:川崎車輛
デハ2820:川崎車輛
サハ2770:川崎車輛
クハ2870:川崎車輛

【竣功日】
クハ2670:1967年10月16日
デハ2620:1967年10月16日
デハ2720:1967年10月16日
デハ2820:1967年10月16日
サハ2770:1967年10月27日
クハ2870:1967年10月16日

【廃車日】
クハ2670:2004年6月16日
デハ2620:2004年6月16日
デハ2720:2004年6月16日
デハ2820:2004年6月16日
サハ2770:2004年6月16日
クハ2870:2004年6月16日

20180609_05

20190916_07

20190316_06

20181007_06

20180304_05

20190616_03

20181222_06

20190819_04

20181216_09

20190921_06

20180811_05

20180513_03

20180916_04

20180609_06

20180923_01

20190413_02

20190119_07

20190413_03

20190512_06

20180127_07

20191020_06

20190831_08

20190819_05

20180716_05

20190309_06

20190302_07

20190601_08

20191027_05

20181216_05

20190928_07

20181014_03

20180128_05

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング