小田急1000形の1094Fがリニューアルを終え、営業運転に復帰しました。
近年は10両固定編成を中心に施工されており、10両の未更新車は1092Fのみとなりました。

2014年度に開始されたリニューアルは相変わらずペースが遅く、5年が経過する現時点においても多くの未更新車が残っています。
対象外となるワイドドア車を除き、リニューアルは全160両に対して施工される予定となっていますが、現在までにどれぐらい施工されたのでしょうか。

現在までにリニューアルを終えた1000形を数えると、1094Fを含めて合計70両となっています。
まだ半分に到達していないのです。
未更新車を多く見かけるように思いますが、それもそのはずで、まだ未更新車のほうが多数派なんですね。

20200112_06

現在の施工率を算出すると約44%となり、ワイドドア車まで含めると約36%が未更新となっています。
全編成のリニューアルを終えるには、10年以上を要しそうなペースです。

きちんと全編成のリニューアルを終えることができるのか、小田急の覚悟が気になります。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング