小田急で2020年3月14日に行われるダイヤ改正で、EXEの10両によるスーパーはこね号が登場します。
観光ニーズが高い時間帯にEXEを集中投入し、定員数の増加を図ることが理由のようです。

EXEの10両によるスーパーはこね号は、実際には復活で、以前は定期で設定がありました。
今よりもスーパーはこね号が多かった頃で、そんなに珍しい列車ではありませんでした。

それにしても、ダイヤ改正後は乗りやすい時間帯が展望車ではなくなるので、本当に大丈夫かと心配になります。
EXEをロマンスカーのイメージリーダーにしたことで、利用者が減少した頃を忘れてしまったのでしょうか。

短期的に影響は出ないと思いますが、あまりにも不安にさせる変更です。
外国人の利用が増えている近年と昔では事情が違うでしょうが、少々儲け主義に走りすぎている気もします。

20180602_07

趣味的な観点では、撮る楽しみが一つ増えそうですね。
前面に表示がある未更新車のスーパーはこね号は、早めに撮っておきたいところです。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング