18000系の導入が決まり、置き換えられる時が近付きつつある東京メトロ8000系。
6000系、7000系の流れを汲んだ車両ですが、これらのグループそのものの終焉が迫ってきています。

1980年に製造が開始された8000系ですが、製造期間が長いことが特徴で、最終増備車は1994年に登場しています。
新しそうに見える車両ですが、初期車で約40年、最終増備車でも既に25年を超えているのです。

2004年からB修工事が行われているため、古い割には良い状態を保っています。
置き換えるには早いように感じてしまいますが、初期車の車齢を考えると納得感はありますね。

20200425_02

8000系が置き換えられる時期になったということに、東京メトロの一つの時代が終わろうとしていることを強く感じてしまいます。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング