2018年のLSEの引退や、8000形の廃車開始によって騒がしくなりつつある小田急の車両動向。
最近は長く使われることが多い小田急の車両ですが、比較的短命となった形式もあり、今回は過去の車両を中心に見てみたいと思います。

組み替えによる廃車や、事故廃車を含めると基準が曖昧になってしまうため、編成単位での廃車が始まったタイミングで見てみることにしましょう。

長生きをした車両としては、国鉄63系の割り当てを受けた車両として有名な1800形で、1946年に登場し、初めての廃車が出たのは1979年でした。
33年だとそんなに長くないように感じますが、2200形が28年、2400形が26年ですから、明らかにこの時期の車両としては長生きしています。
長生きをした理由は大型車体だったことで、様々な改造を行いながら使われていました。

戦後の昭和の小田急では、中型車が短命になる傾向が強く、1900形が25年、2100形は21年でした。
主電動機を4000形に提供していることも特徴で、車体を大型化して増加し続ける輸送需要を乗り越えようとしていたことが分かります。

そして、平成になると小田急の車両は長生きするようになります。
2600形は36年、4000形は37年、短く感じる9000形でも33年でした。

一方、5000形は4両と6両で明暗が分かれており、4両が38年なのに対し、6両は28年と極端に短くなっています。
これは5000形の製造期間が長かったことが理由の一つですが、当時は4両が不足気味であり、6両が余っていたという事情も関係しています。

20200425_06

ロマンスカーについても、形式によって明暗が分かれています。
SE、NSE、LSEが長寿だったのに対して、ハイデッカーがバリアフリー化の障害となってしまったことで、HiSEやRSEは短命となりました。

ロマンスカーは廃車の時期が集中していないことが多いため、年数の比較はあまり意味がありません。
しかし、構造が明暗を分けているのは、通勤型車両と同様のようですね。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング