5000形の登場により、廃車される日が近付いていると思われる小田急1000形のワイドドア車。
側面の大きな扉が目立つこの車両ですが、小田急では最後となる、ある構造が残っているのです。

その構造とは、開閉可能な妻窓です。
昔の小田急は妻窓が開閉可能な車両が多かったのですが、9000形から固定窓となり、開かないのが基本となりました。
車両に冷房が装備されたのが理由なのでしょう。

その後に増備された車両も妻窓は開かない構造が続き、1000形も同様でした。
しかし、例外となったのがワイドドア車なのです。

なぜワイドドア車だけ妻窓が開閉できるようになっているのかというと、側面の扉を大きくした弊害で開く窓が少ないことがその理由です。
その弱点をカバーするために、戸袋ではないほうの窓だけが開くようにしました。
9000形以降の車両では、唯一の事例となっています。

20200425_01

その後のワイドドア車以外の車両は、再び妻窓が開かない構造に戻り、3000形ではついに妻窓自体が廃止されてしまいました。
開けた妻窓から入ってくる風、そして、そこから聞こえてくる走行音は格別だったのですが、小田急ではもうすぐ思い出に変わっていきそうですね。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング