最後まで非冷房で残っていた2400形が廃車となったことで、1989年に車両の冷房化率が100%となった小田急。
1962年にSEが冷房化されたのを皮切りに、少しずつ冷房車を増やしていきました。

ロマンスカーの歴史から振り返ってみましょう。
前述のとおり、SEが冷房改造されたのが小田急における冷房車の始まりですが、言い換えるとSEまでは非冷房で登場したことになります。
2300形までのロマンスカーは、非冷房のままで廃車まで使われました。

最初から冷房が搭載されたロマンスカーはNSEで、低重心化のために床下に搭載されました。
冷房能力を向上するため、後年に屋根上にも増設されています。
NSE以降のロマンスカーは全て冷房車として登場しており、ロマンスカーについては早くから冷房車となっていたこともあり、既存車両は格下げして使用した後に廃車とすることで、早々に冷房化率100%を達成していました。

一方の通勤型車両ですが、こちらは1968年に2400形のクハ2478に冷房改造によって搭載されたのが最初です。
これはあくまでも試験的なもので、中型車としては最初で最後の冷房車でした。

その後、1971年に新造された5000形の3次車が、最初の量産冷房車となりました。
これが本格的な冷房車の時代に入っていくきっかけとなりますが、これ以降にも非冷房車の新造自体は行われており、1974年以降に4000形が5両化された際は、非冷房の中間車を増備しています。

5000形で冷房車が登場して以降は、一部の例外を除いて最初から冷房車となっていましたが、当時は多くの非冷房車が残っている状況でした。
そこで、既存の非冷房車を冷房改造しつつ、古い非冷房車を廃車することとなりました。
運命の分かれ目は中型車か大型車かという部分で、2600形以降の大型車が冷房改造されていく中、中型車は次々に廃車となっていきました。

小田急で最後まで非冷房で残ったのは2400形と4000形で、2400形の廃車と4000形の冷房改造が同時に進められ、昭和の終わり頃に冷房化率は一気に上がっていきました。
そして、1989年に冷房化率は100%となったのです。

20200503_12

温暖化が進む現代においては、冷房のない電車というのは想像ができません。
しかし、30年程度前には小田急にも冷房がない車両が走っていたと考えると、生活水準の向上に驚かされますね。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング