小田急初の高性能車として登場した2200形において、第1編成にあたる車両。
2213F以降とは異なり、半鋼製車体であることが特徴で、登場時の側窓は木枠でした。

廃車後に2両で保存されていましたが、2019年にデハ2202が解体され、現在はデハ2201のみが保存されています。

20180304_01

編成:2両

【次車区分】
デハ2201:調査中
デハ2202:調査中

【製造所】
デハ2201:日本車輌製造
デハ2202:日本車輌製造

【竣功日】
デハ2201:1954年7月
デハ2202:1954年7月

【廃車日】
デハ2201:1983年6月30日
デハ2202:1983年6月30日

20190512_05

20190721_06

20181014_03

20200202_05

20180506_07

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング