小田急で初めて運転室を2階に上げ、前面展望構造を採用したロマンスカーとなったNSE。
現在まで続く流れを決定付け、小田急ロマンスカーのイメージを定着させた名車といえるでしょう。

NSEはその特徴的な外見から、前面展望構造ばかりが目立ちますが、それ以外にも注目すべき部分があります。
それは後のロマンスカーとは異なる高速性能を持っていることで、今回はその点について見てみたいと思います。

1963年に登場したNSEは、狭軌世界最高速度を記録したSEの流れを大切にしながら、よりデラックスなロマンスカーとなりました。
編成は11両と長くなり、先頭車には展望席が設けられたのです。

乗ることに重きが置かれた設計となっているように思われるNSEですが、高速性能も重視されています。
平坦線における設計最高均衡速度は170km/hとなっており、かなりの高速性能を有していました。

しかし、その性能を活かす機会は残念ながらほとんどなく、ダイヤが過密化していく中でスピードは低下していきました。
NSEは起動加速度が1.5km/h/sと低く、列車密度が高くなる中では走ることが苦しくなっていきます。

そこで、LSEでは設計最高均衡速度を145km/hに下げ、起動加速度を2.0km/h/sに引き上げることで、過密ダイヤの中を走りやすくしたのです。
厳密には、LSEの起動加速度は不明なのですが、HiSEが同様の性能であったことを考えると、同等と考えられるでしょう。

20200530_06

NSEとLSE以降のロマンスカーの差は、歯車比に分かりやすく表れています。
NSEが75:19=3.95だったのに対して、LSE、HiSE、RSEは80:19=4.21となっており、加速性能を重視しているのが分かります。

特急列車といえば高速運転という時代に生まれたNSE。
その高速性能を活かせる列車に乗ってみたかったですね。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング