海老名駅に隣接し、約300両もの車両を収容することができる小田急の海老名検車区。
1972年12月18日のダイヤ改正から使用を開始し、小田急で最大規模を誇っています。

小田急では、高度経済成長期に輸送人員が飛躍的に増加し、それに合わせて車両数も増加していきました。
しかし、車両数の急激な増加に車両基地の収容能力が追いつかず、駅に多くの車両を滞泊させている状況となっていたのです。
主要駅は当然のことながら、側線があるほぼ全ての駅に滞泊させていたそうですから、相当深刻な状況だったのでしょう。

そこで、海老名に新しい車両基地の新設が計画され、同時に駅も大改良されることとなりました。

使用開始当初は、一部の使用のみを開始した状態で、収容能力は約150両の規模でした。
その後駅の工事が進められ、1973年12月21日に新しい駅の使用が開始されました。
この際に駅は400m程度小田原方に移転し、現在の位置となっています。

20200704_01

1976年には収容能力が約300両となり、早々に最大規模まで拡張されています。
この時期の車両の増加ペースが、どれだけ凄かったのかを物語っていますね。

しかし、大規模な車両基地の新設で落ち着くかと思われたのもつかの間、すぐに収容能力が不足する事態に直面してしまいました。
その後、唐木田に車両基地が新設され、経堂検車区が喜多見検車区移転して現在に至りますが、小田急の車両基地不足は今も続いているようです。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング