現役を引退した車両を多く保存している小田急。
留置スペースを確保するために一部の車両が解体されましたが、現在も多くの車両が保存されています。

近年は行われなくなりましたが、以前はファミリー鉄道展で保存車両を展示するため、喜多見検車区から海老名まで運ばれる機会が多くありました。
当然のことながら、保存車両は廃車となっていて自走ができないため、現役の車両に牽引されて運ばれます。

保存車両の移動は、通常深夜に行われます。
終電後に線路閉鎖を行い、現在は1000形が牽引する役目を担っています。
以前は牽引を9000形が行っていましたが、その9000形は牽引される側となってしまいました。

20200718_03

保存車両はあまりスピードを出さずに運ばれます。
普段は動かしていない車両であるため、慎重に運ばれるのです。
夜中に突然踏切が鳴り出し、普段は見ることができない車両が線路上を走る姿は、たまたま居合わせた人を驚かせます。

2021年の春、海老名にロマンスカーミュージアムが開館する予定です。
現在多くのロマンスカーが大野総合車両所で整備されていますが、開館までには海老名まで輸送されることとなります。

ロマンスカーミュージアムが開館した後は、全ての保存車両が海老名に集結することとなり、夜中に輸送される機会はほとんどなくなるのでしょう。
真夜中の珍事が見られるのは、そろそろラストチャンスになるかもしれませんね。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング