少しずつ編成数が増加し、見かける機会が増えてきた小田急5000形。
今後の標準車両として、ある程度の編成数が増備されると考えられ、さらに見る機会が増えそうです。

5000形は小田急の通勤型車両として初めて2色の帯を巻いており、外見のデザインが大きく変化しました。
近年は帯色の変更等が行われていましたが、太さや1色である点は変わっておらず、5000形はそれなりに大きな変更だったといえるでしょう。

しかし、大胆な変更を行ったのにもかかわらず、5000形にはどこか「小田急らしさ」を感じるのです。
人によってもちろん感じ方は違うと思いますが、3000形や4000形が登場する前の小田急をご存知の方は、この感覚が分かる方が多いのではないでしょうか。

5000形には標準車両の要素が当然入っていますが、小田急ならではとなっているところが多くあります。
3000形や4000形にも小田急独自の仕様は沢山あるのですが、5000形はそれ以上に小田急らしいと感じます。

20200829_01

そう感じさせる理由、それは拡幅車体と張り上げ屋根の復活です。
小田急の車両は、1952年に製造した1700形の第3編成で張り上げ屋根を採用し、2100形からは一貫して張り上げ屋根としてきました。
そして、拡幅車体は2600形で初めて採用、その後は若干の幅の違いはあるものの、これも長く採用が続いたのです。

これらの採用をやめたのが3000形で、小田急の車両のイメージが大きく変わることとなりました。
人それぞれ感想は違うと思いますが、私は拡幅車体と張り上げ屋根の復活をとても嬉しく思いました。

今後の小田急のイメージリーダーとなっていきそうな5000形。
これからの小田急を担う、主力車両となっていきそうですね。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング