2020年8月、小田急沿線に多くの鉄道ファンが集まりました。
通常は箱根登山線内の小田原から箱根湯本の間を行き来している赤い1000形が、1ヶ月間限定で小田急全線を走行したためで、その珍しい姿をカメラに収めようとする光景が各所で見られました。

今回の取り組みは、鉄道ファンだけではなく一般の方からも注目され、箱根をPRするという観点から見ると大成功だったといえます。
私が撮影をしている際にも、一般の方から赤い1000形のことを聞かれることがあり、注目度の高さが伺えました。

新型コロナウイルスの感染拡大や、集まりすぎている撮影者の影響で運転が中止されることを危惧していましたが、幸い無事に1ヶ月間を走り終えました。
しかし、運転期間が1ヶ月間と短かったことが、結果的にトラブルを生みやすい結果になってしまったようにも思います。

短期間だけ珍しい車両が走るからこそ、PRの効果が最大化される面はあります。
赤い1000形が全線を走るということが、ここまで注目されるとは思っていなかったのかもしれません。
特別な車両が走るとなると、どうしても撮影者が集まってしまうという近年の状況があることから、もう少し運転期間を長くしても良かったのではないかと思います。

20200822_04

他社では特別な車両をもう少し長い期間で走らせている例が多く、それによって混乱を回避している面もあるように思います。
わざわざラッピングをしているからという理由が他社の場合はあると思いますが、1ヶ月間は少し短かったかなと思ってしまうのです。

そして、少しもったいないと感じてしまいました。
これだけ注目度が高いとなると、もっと箱根の魅力をPRできたと思うのです。
どうしても遠くへの旅行は敬遠してしまう状況の中、小田急沿線から箱根を訪れる方が増えれば、観光業に携わる方々の助けになることは間違いありません。

今回の件で、小田急は手応えを感じたことと思います。
また運転されることを、1人の小田急ファンとして願っています。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング