Odapedia

2018年07月

普段から小田急ばかりを撮っているので、LSEの写真が沢山残っています。歩いている最中にやって来たり、被られたり、うっかり撮るのを忘れたり、とにかく色々。背面被りかよと思いながらも、とりあえずシャッターを切ったら、EXEの大きな窓が良い仕事をしてくれました。Odape ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年に引退した小田急の5000形。最後まで残った5063Fについては、引退直前にブランドマークが撤去されるという、ちょっとしたファンサービスが行われました。引退直前ですが、このような少し懐かしい姿を見せてくれました。もっと撮っておけばと後悔が沢山ありますが、この ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年のダイヤ改正で廃止された小田急の区間準急。この改正では、常磐緩行線からJR東日本のE233系2000番台が入線することになったわけですが、つまり区間準急との顔合わせはないことになります。ということは、小田急線内での顔合わせは、試運転の期間中のみとなるわけです ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

普段は赤い小田急1000形ばかりが行き来しているのが、箱根登山線の小田原から箱根湯本の区間です。頻度としては多くないのですが、検査の都合等で赤くない1000形が走る時があり、いつもと違った光景を見せてくれます。同形式ながら、姿が違う1000形が並びました。リニューア ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

普段はロマンスカーが走らない、少し寂しい路線の小田急多摩線。臨時列車がたまに設定される以外は、通勤や通学に特化した路線です。そんな多摩線ですが、臨時列車や試運転でロマンスカーが走ると、その時は普段より少し賑やかになります。写真は、EXEαの試乗会が行われた際 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

普段は箱根登山線内を行ったり来たりしている、小田急の赤い1000形。ダイヤ乱れの際、過去に数回だけ10連になって走ったことがありますが、分割併合が消滅したことで最近は見る機会がなくなりました。数年前ですが、別目的で海老名に行くと、何やらおかしな動きをする車両。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新形式が登場した際は、営業運転を開始する前に入念な試運転が行われます。小田急の場合、最終的には多摩線内を行ったり来たりするわけですが、それ以外に小田原線で走るものがあるわけです。光線がきついですが、少し懐かしいMSE登場時の試運転です。まだ床下までピカピカで ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

過剰な輸送力が際立つ小田急多摩線の10両各停。最近は以前より本数が減った印象ですが、ネタとしてはなかなか面白い存在です。写真は、1000形の更新車を先頭にした10両各停です。賑やかな連結器周りが楽しいですね。Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

晩年の4000形と5000形は、英字併記の幕に交換が実施されました。側面の種別幕から交換が始まったと記憶していますが、最終的に全てが交換されました。小田急顔では、前面の行先表示が縦になっていますが、なんとここも英字入りの幕に交換され、当時かなりの衝撃を受けことを ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月10日、小田急のLSEこと7000形が、定期運行を終了しました。後輩たちの引退が早かったこともありますが、38年という活躍期間は本当に長かったと思います。当日は、はこね41号の新宿駅発車時にセレモニーが行われ、多くの方々が集まりました。あまりの人出に多少の混 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ