Odapedia

2020年06月

小田急小田原線の各停といえば、向ヶ丘遊園行きか本厚木行きというのが昔の定番でした。それ以外の行先は比較的珍しいものが多く、そういった列車を狙って撮影する楽しさがあったものでした。そんな小田急の各停に、日常のパターンとして新松田行きが存在していた時期があり ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

白山前からJR東日本の弥彦線の燕までを結んでいた新潟交通の電車線。元小田急の2220形が走っていたことが有名ですが、それ以外にも多くの元小田急の車両が在籍していました。その車両とは、小田急ではHB車と呼ばれていた車両で、クハ1350形、デハ1400形、クハ1450形が合計8両 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

斬新な前面デザインに地下鉄直通用の重装備、同じようなデザインの車両ばかりが走る1972年の小田急に、9000形が華々しくデビューしました。将来予定されている営団地下鉄(現在の東京メトロ)千代田線への乗り入れを考慮した車両で、それまでの車両とは大きくモデルチェンジ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2001年から製造が開始され、毎年大量の増備が行われた小田急3000形。過去から現在まで、1形式として最も多く製造された小田急の車両となっており、全線で見ることができます。かつてないほどの大量増備となった3000形ですが、その背景には何があったのでしょうか。その背景を ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

5000形の登場により、廃車される日が近付いていると思われる小田急1000形のワイドドア車。側面の大きな扉が目立つこの車両ですが、小田急では最後となる、ある構造が残っているのです。その構造とは、開閉可能な妻窓です。昔の小田急は妻窓が開閉可能な車両が多かったのです ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急といえばロマンスカーというぐらい、定着しているブランドのイメージ。その歴史は古く、1949年に登場した1910形から始まります。1910形から最新のGSEまで続いてきているロマンスカーですが、新形式が登場する度に所属する編成数が増えてきた経緯があります。今回は、ロ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年度からリニューアルが開始され、新車に近い状態に一新されつつある小田急1000形。リニューアルのペースは相変わらずのんびりしているものの、未更新車を見かける機会は少しずつ減っています。そんな1000形ですが、元々編成のバリエーションが多いこともあり、早くも未 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

JR東日本のE233系をベースとして、2007年に登場した小田急4000形。東京メトロの千代田線に直通することを前提として設計されており、現在はJR東日本の常磐緩行線にも顔を出しています。地下鉄直通用として製造が開始されて以降、4000形は160両が製造され、全て10両固定編成と ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝のラッシュ時に上り方向にだけ運転され、小田急の中では運行本数が少ない種別となっている通勤急行。平日のみの運行となっていることもあり、希少性の高い種別です。現在は全列車が10両で運転される通勤急行ですが、登場直後には8両で運転される列車が存在しました。その列 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

代々木上原から登戸まで、立派な複々線となっている小田急。数十年前はそのほとんどが複線であったことを考えると、その変化には驚かされるばかりです。複々線化は、喜多見から和泉多摩川の区間から始まりました。工事は1989年7月に着手され、見慣れた沿線風景は急激に変化し ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ