Odapedia

カテゴリ: 小田急電鉄

小田急と東京メトロの千代田線が同一ホームに発着し、相互直通運転を行う起点ともなっている代々木上原駅。ホームの外側を小田急が、内側を千代田線が使用する、共同使用駅となっています。代々木上原の歴史は古く、小田急の開業時から設けられている駅ですが、相互直通運転 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ケイプアイボリーの車体にロイヤルブルーの帯を巻いた車両、その姿が一昔前の小田急では当たり前でした。現在は8000形のみがその姿を残していますが、多くはステンレス車体の車両になり、帯の色やデザインのバリエーションが増えてきました。近年は例外が生まれつつあります ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新宿を起点として、小田原線、江ノ島線、多摩線の3路線を有している小田急。全線に渡って沿線が発展していることが特徴で、どこで乗車してもそれなりに乗客がいる路線です。大手私鉄としては比較的路線の数が少ない小田急ですが、どのような経緯で今の路線網となったのでしょ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1988年に営業運転を開始した小田急1000形。小田急1000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。1094Fの概要1992年度の終わりに増備された10両固定編成で、1000形としての最終増備車でもあります。1094Fで1000形の増備は打ち切られ、1994年度からは200 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

沿線の開発が進んだことで、新宿から小田原までの長い距離を結んでいながら、小田急線の車窓は住宅ばかりが見られるようになりました。昔はのんびりとした風景の区間も沢山ありましたが、現在は田畑も含めて限られた区間にのみ残っている状況となっています。そのような状況 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

5000形の5059Fが営業運転を開始したことにより、少し前から休車となっていた1000形の1756Fですが、先日の1051Fに続き廃車となったようです。新しい車両が営業運転を開始すると、廃車予定の車両が休車となり、その後廃車されるというパターンは、やはり今回も同様でした。2次 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

形式によって異なるものの、鉄道の車両は複数回に渡ってまとまった時期に製造され、1次車、2次車というように分けられることが一般的です。小田急についても例外ではなく、何回かに分けて車両が製造されます。最初に製造される車両が基本的には1次車となりますが、小田急の通 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

少しずつではあるものの、徐々にホームドアが設置された駅が増えてきた小田急線。運用している車両の都合で一気には進められない事情がありましたが、それらが解消しつつあることで、徐々に設置のペースが加速しそうな状況となってきました。今後小田急ではどのようにホーム ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

走行中の車内において、乗客が切りつけられたり、放火がされるといった事件が多発しています。小田急では、2021年8月6日に快速急行の車内において、多数の乗客が怪我をするという痛ましい事件があり、その後京王等でも模倣した事件が続きました。このような事件が続く中、小 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

高架化や地下化が進められたことで、昔より数が減少した小田急の踏切。踏切には「新宿1号踏切」のような名称が付けられており、それぞれの踏切ごとに異なっています。数字が入っていることから、踏切の名称は連番なのだろうと最初は思いますが、実際には番号が飛んでいます。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ