Odapedia

カテゴリ: 小田急電鉄

旧形式の主電動機等を流用し、1966年に製造が開始された小田急の4000形。1976年までに92両が製造され、近代的な車体とは不釣り合いな、吊り掛け駆動の走行音を奏でるのが特徴でした。この4000形には多くの形式から主電動機が流用されていますが、そもそも小田急にはどのよう ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田原線、江ノ島線、多摩線の3路線を営業している小田急電鉄。本線である小田原線の途中駅から、支線である江ノ島線と多摩線が分岐しています。その本線と支線の分岐点となっている駅が、新百合ヶ丘と相模大野です。どちらも小田急としては大規模な駅で、終日に渡って乗り換 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

経済性を重視し、6両でのMTを同数とした小田急2600形。しかし、粘着限界に近い性能だったことが災いし、乗務員は引退のその日まで空転に悩まされる車両でした。元々は3M2Tの5両で登場した2600形は、3両の電動車に2台の制御器を持ち、両端の電動車それぞれから、中間に位置す ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急の開業60周年を記念して登場し、1987年に営業運転を開始したHiSE。当時流行していたハイデッカーを採用し、他のロマンスカーとは一味違う車両として人気を博しましたが、ハイデッカーがバリアフリー化の障害となってしまったことから、2012年に惜しまれつつ引退しまし ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

営団地下鉄(現在の東京メトロ)千代田線への乗り入れに備え、1971年を最後に増備が中断された小田急5000形。9000形の増備が一段落した1976年から、5年ぶりに増備が再開され、4次車として5063Fと5064Fが登場しました。久々の増備となった4次車は、それまでの編成とは各部の仕 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

各駅停車から快速急行まで、多くの列車が10両で走るようになった小田急線。4両の列車はほぼなくなりましたが、小田原線の末端区間や支線には、6両の列車が多く走っています。小田急の場合、6両単独での走行は主に各駅停車です。2両の増結用編成が小田急には存在しないため、6 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

編成のバリエーションは多いものの、ワイドドア車を除いた場合の外見的な差異が少ない小田急1000形。製造期間が5年程度と比較的短いため、細かい差異が生じにくかったと考えられます。その1000形の中で、他の編成と明確な差異があるのが6両の1253Fです。この編成のみ、側面の ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田原線の相模大野から分岐し、藤沢を経て片瀬江ノ島までを結んでいる小田急の江ノ島線。直線区間が比較的多いため、快速急行に乗ると高速走行を楽しむことができます。この江ノ島線、海へ向かうということもあり、アップダウンはあるものの、小田原線と比較して線形が良い ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代の通勤型車両として、今後ある程度増備されることが予想される小田急5000形。3000形、4000形と続いた垂直車体の流れを断ち切り、小田急としては久々の拡幅車体となりました。復活した5000形の拡幅車体には、復活だけではない特筆するべき点があります。それは8000形以 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急のロマンスカーで初めて前面に展望席を設け、現在まで続くロマンスカーのイメージを定着させるきっかけとなったNSE。展望席に座って走る喫茶室の紅茶を飲み、補助警報を鳴らしながら走る光景が、少し前のロマンスカーのイメージでした。さて、少し前のロマンスカーでは ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ