Odapedia

カテゴリ: 小田急電鉄

小田急らしい改造事例となってしまったのが、2600形の8両固定編成化です。途中で計画が変更されるとか、わざわざ改造したのに早期廃車される等といった事例が散見されるわけです。2600形の8両固定編成化は1993年頃から行われ、VVVFインバーター制御に改造された編成も含め合 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

スローペースで更新が続く小田急の1000形。今日は1063Fの未更新時代の写真を1枚ピックアップ。夕陽を浴びて輝く1063F。ステンレス車ながら、外見にもかなりこだわって作られた形式なので、綺麗に揃った窓の高さ等、本当に良くできているなと改めて思います。Odapediaを応援し ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

既に懐かしい存在になってしまったF-TrainⅡです。3093Fというと、この姿を思い出す方も多いのではないでしょうか。小田原方は正面にドラえもんが大きく描かれ、なかなかのインパクトでした。通年で走らせても良さそうなものですが、なかなか簡単ではないのでしょうね。Odape ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急9000形の写真はそこそこありますが、なぜか多摩線の写真ばかりピックアップしています。リニューアル前の小田急永山駅を通過する9000形の回送です。隣の駅がまだ黒川だった頃で、案内板を見るとそれが分かります。この頃は、今のような綺麗な駅に変貌するとは思っても ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急最後の11両連接ロマンスカーとなってしまったHiSE。赤系の塗装がとても似合う特急車でした。あと少しで新宿に到着です。展望席はもちろんのこと、普通の座席でも楽しめる車でした。Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

翌日に複々線の使用開始を控えた小田急線。仕事だったので多くを撮影することはできませんでしたが、帰りに少しだけ寄り道してみました。いつもはいない大勢の作業員、そして鉄道好きが走り回っている以外は、意外にも静かな夜でした。地下化から複々線化の完成まで、暫定的 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

個性的な前面スタイルからファンが多かった9000形ですが、千代田線直通車として登場した経緯から、とにかく小田急の中では異質な存在であったように思います。機械の面で見れば、4連が全電動車で構成され、発電制動と回生制動を両方装備している等、とにかく重装備な形式。6 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

時の流れとともに小田急らしい光景は変化していますが、おじさんとしてはどうしても昔の方が小田急らしいと感じてしまうわけです。走り回る分割併合列車、小田急顔、登山線直通急行、そんな日常は全て過去のものとなってしまいました。こんな光景は当時としては当たり前でし ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急8000形の中で、2編成だけが残ることとなった界磁チョッパ車。更新が初期に行われた8251Fと8255Fがそれに該当します。現在は併結を行わず、単独で余生を送るような雰囲気になっていますが、数年前までは10連を組み走り回っていました。快速急行で江ノ島線に向かう8255F ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

営業運転開始を間近に控え、GSEの試運転が繰り返し行われています。多摩線内で走る姿が、すっかり当たり前になってきました。しかし、そんな光景も限られた期間だけのことなのでしょう。いよいよデビューの日が近付いてきました。Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンク ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ