Odapedia

カテゴリ: 箱根登山鉄道

現在は小田急1000形の4両が行ったり来たりするようになった、箱根登山線の小田原から箱根湯本までの区間。以前は新宿から走る急行が6両で直通運転を行っており、箱根湯本行きといえば前に繋がる6両でした。6両の急行が乗り入れるのが定番だった箱根登山線ですが、さらに昔は ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月に小田急の全線を走行して沿線を賑わせた赤い1000形が往復し、普段はのんびりとしている箱根登山線の小田原から箱根湯本までの区間。以前は急行を中心として多くの列車が小田急と直通運転をしていましたが、現在はその役目をロマンスカーが担っています。箱根登山線内が現 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在は主にロマンスカーのみで行われるようになった、小田急と箱根登山線の直通運転。以前は急行の多くが箱根湯本まで走っていましたが、現在は小田原で折り返すようになりました。直通運転の歴史は古く、1950年から小田急の車両が箱根登山線へと乗り入れるようになり、箱根 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急の終点である小田原を起点に、箱根湯本を経て強羅までを結んでいる箱根登山鉄道の鉄道線。80‰の急こう配を登山する鉄道として、あまりにも有名な路線です。このように、路線としては小田原から強羅までを結んでいる鉄道線ですが、現在は箱根湯本を境にして系統が分離 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在は小田急1000形が行ったり来たりしている、箱根登山鉄道の小田原から箱根湯本の区間。どちらかというと小田急の路線のように扱われているこの区間ですが、小田原の次に箱根板橋という駅があります。島式ホームを備え、列車の交換ができる駅ですが、よく見ると下り列車が ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急の終点である小田原から先には、箱根登山鉄道の路線が繋がっています。以前は全線を箱根登山鉄道の車両も走っていましたが、現在は小田原から箱根湯本の区間については、小田急の車両のみで営業運転を行っています。その区間内にある駅が、今回ご紹介する風祭です。小 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルニナ号の愛称で、1981年に登場した箱根登山鉄道の1000形。ロマンスカーに合わせた塗装で登場しましたが、その後時代に合わせて塗装変更を繰り返すこととなります。しかしながら、結局のところ登場時のカラーリングが似合っていると思ってしまうわけです。車体のデザイン ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ