Odapedia

カテゴリ:小田急電鉄 > 小田急電鉄(通勤型車両)

2002年に営業運転を開始し、小田急最大の勢力となった3000形。数が多いという事情はありますが、製造時期や編成によって差異が多い形式です。大きな差異としては、1次車、2次車、3次車以降という違いがありますが、3次車以降の編成も細かい差異が多く存在します。その中で目 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新車の搬入時や保存車両を移動する際、小田急では1000形が牽引車として活躍しています。普段は乗客を輸送する通勤型車両である1000形が、この時は電気機関車の代役となっているのです。昔の小田急には、数としては多くないものの、電気機関車が在籍していました。定期貨物輸 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の鉄道車両では標準装備に近いものとなったスカート。自動車との衝突事故や、人身事故の際に被害を軽減する役割を担っています。昔は特急型車両等の高速運転をする車両にのみ装備されていましたが、近年は通勤型車両でも装備されるようになりました。このスカートという ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今後の小田急の標準車両として、2019年度から導入が開始された5000形。2019年度は5051Fの1本のみが導入されましたが、2020年度には一気に5編成を導入し、勢力を拡大していく予定となっていました。2020年度に入り、5052Fから増備が進む5000形ですが、先日発表された鉄道事業 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

多くのバリエーションがある小田急1000形の中で、箱根登山線の小田原から箱根湯本の区間を走っているレーティッシュカラーの4編成。1058Fから1061Fまでの編成が該当し、普段は都心で見ることはできない車両です。その赤い1000形ですが、2019年の台風の被害で不通となっていた ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

それまでの小田急の通勤型車両から大きく変化し、2002年に営業運転を開始した3000形。初期車として6両が12本登場した後、マイナーチェンジを行った3次車が登場しました。その3次車の中に、側面の床下全体にカバーを装着し、防音性を高めるための試験を行った3263Fがあります ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

5000形の最新編成である5053Fが到着し、次に廃車となる編成が気になり始めた小田急。そこで、近い将来に廃車が予想される6両の車両をピックアップし、前回の検査出場がいつだったのかをまとめてみました。小田急で廃車が近いと考えられる6両の車両は、8000形で界磁チョッパ制 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1983年に運行を開始し、合計で160両が製造された小田急8000形。事故による損傷で8264Fが廃車となりましたが、現在も多くの編成が第一線で活躍しています。運行開始から既に約37年となっている8000形ですが、後輩の1000形に廃車が発生したことで、廃車の順序が逆転する現象が ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年代に入ると、小田急では通勤型車両の本格的な置き換えが開始されました。2600形が少しずつ数を減らし、9000形にも廃車の噂が聞こえてくるようになりました。この時期、小田急では集電装置のシングルアーム式パンタグラフへの交換が行われていました。5000形以降の車両 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1964年のデビューから1983年まで、他形式との併結運転を行わなかった小田急2600形。併結運転が1983年に解禁されてからは、多くの形式と併結して走る姿を見ることができるようになり、一気に活躍の場が広がりました。そんな2600形ですが、登場して間もない1966年に、2200系列 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ