Odapedia

カテゴリ:小田急電鉄 > 小田急電鉄(通勤型車両)

箱根登山鉄道の路線ながら、営業運転を行うのは小田急の車両だけとなっている小田原から箱根湯本までの区間。小田原から強羅までが鉄道線となっていますが、箱根湯本を境に運転系統は完全に分けられています。小田急の車両しか営業運転を行わない区間では、通勤型車両の1000 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

徹底的な修繕や改良が行われ、近年は新車に近い状態にまで整えられるようになった小田急の車両更新。対外的にはリニューアルという表現が用いられていますが、昔から車体修理として製造から時間が経過した車両に対して行われてきたものです。近年になるほど、更新内容は細部 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

乗客が乗り降りをするために、鉄道車両では欠かすことができない設備となっている乗降扉。多くの車両は、乗降扉のために戸袋が設けられていますが、その部分に窓がある車両とない車両があります。近年の鉄道車両は、製造時から設けられていない車両が圧倒的に多くなり、改造 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年から廃車が開始され、現在は1754Fの1編成のみが残っている小田急1000形のワイドドア車。ラッシュ時の切り札として登場した車両は、改造を繰り返しつつ生き残ってきましたが、ついにその歴史が終わろうとしています。引退が近付いていると思われるワイドドア車について ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田原線の新百合ヶ丘から分岐し、唐木田までを結んでいる多摩線。小田急では最も短い路線ですが、多摩ニュータウンに入ると沿線の景色が変わり、小田原線や江ノ島線とは違った魅力があります。多摩線は1974年6月1日に小田急永山まで開業しましたが、一部の車両の行先幕には ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

在籍する両数が多いこともあり、普段はあまり注目されることがない小田急3000形。最近になって3265Fが普段とは違う動きを見せており、更新が行われる可能性が高くなってきました。現時点で分かっている情報や、仮に3265Fが更新されるとなった場合に読み取れる今後の方針につ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

最盛期には180両が在籍し、主に急行用として活躍した小田急5000形。2006年から廃車が始められ、2012年までに全車が廃車となりました。何らかの計画変更があったのか、編成によって在籍年数に大きな差が生じることとなった5000形の廃車は、どのような順序となっていたのでしょ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在は6形式が在籍し、日々多くの乗客を輸送している小田急の通勤型車両。それぞれの車両に個性がありますが、形式によって完全に運用が分かれていないため、同じ時間の列車でも日によって異なる形式が充当されています。色々な形式が来るということは、乗車する際に当たり外 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの乗客を運び、日々の輸送を支えている小田急の通勤型車両。定期的に新型車両が登場しては、古い車両が置き換えられるというサイクルが続きますが、その新しい車両が生み出されるのが車両メーカーです。小田急の車両は、複数の車両メーカーで製造が行われていますが、必 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1980年代の後半から1990年代の前半にかけて、日本はバブル期と呼ばれる好景気の時代でした。バブル期の影響は鉄道にも見られ、各社で豪華な車両が登場するといった動きがあったことが思い出されます。小田急においては、この時期に3形式が登場することとなりますが、それらの ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ