Odapedia

カテゴリ:小田急電鉄 > 小田急電鉄(通勤型車両)

一般的な鉄道車両の寿命は、30年から40年程度といわれています。自動車等と比べればかなり長く使われており、現在も昭和の時代に製造された車両が現役で活躍していることも珍しくはありません。小田急の車両もこのぐらいの期間は使われていますが、形式によって差があるよう ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急で最多の両数を誇り、各駅停車から快速急行まで幅広く活躍する3000形。2000形以前の車両とは異なる部分が多く、2600形以来続いていた拡幅車体の採用が見送られ、全体的に直線的なデザインとなりました。3000形は現在も主力車両として使われていますが、一時期に比べる ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

営団地下鉄(現在の東京メトロ)千代田線に乗り入れるための車両として、1987年に登場した小田急1000形。最盛期には196両が在籍し、小田急で最多両数の形式だった時期もありました。小田急では、現在までに3世代の千代田線直通用形式が登場していますが、1000形は他の2形式と ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

代々木八幡駅のホームが10両の停車に対応したことで、2019年に都心部でも10両の各駅停車が走るようになった小田急。優等列車と各駅停車に同一の編成を充当することが可能となり、車両の運用に柔軟性が生まれました。小田急にとって念願であった各駅停車の10両化は、いつ頃か ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

在籍する両数が72両と少なく、小田急の中では少数世帯となっている2000形。少数派の形式としては細かいバリエーションが多く、過渡期には様々な形態が見られたこともあり、趣味的には面白い形式です。今回は、そんな2000形の細かい変化について、登場段階における差異と、過 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前は通勤型車両を使用して運転される種別として、最上位に位置付けられていた小田急の急行。快速急行の運転本数が増加したことで、現在の役割は変化しており、昔の準急に近い存在となっています。そんな小田急の急行の中に、以前は赤丸急行という不思議な列車が設定されて ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現代では当たり前となっている、鉄道車両における前照灯の昼間点灯。小田急も例外ではなく、日中の明るい時間帯も含めて、走行中は常に前照灯を点灯しています。昔は明るい時間帯には前照灯の点灯をしていませんでしたが、小田急の車両がライトを日中も輝かせて走るようにな ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤型車両の本格的な置き換えが始まり、1000形の未更新車が次々に廃車となっている小田急。1000形は長年に渡ってクヤ31形の牽引車を務めてきましたが、どうやらその役目が終わる日が近付きつつあるようです。8000形の8066Fも牽引車に抜擢かクヤ31形の牽引車には、1000形の10 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現代を走る鉄道車両の多くには、スカートという部品が先頭部に取り付けられています。小田急はスカートの設置を早い時期から開始しており、時代が平成に入った頃には全ての車両に取り付けられている状態でした。今回の記事では、小田急の車両に装備されたスカートが、どのよ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

箱根登山線内を行ったり来たり、小田急の車両の中では特殊な位置付けとなっているレーティッシュカラーの1000形。最近になって廃車が始まり、同じ1000形の更新車に役割を譲りつつあります。走行する区間を限定しているレーティッシュカラーの編成は、他の小田急の車両より走 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ