Odapedia

カテゴリ:小田急電鉄 > 小田急電鉄(通勤型車両)

小田原線の多くの列車が10両で運転されるようになり、10両固定編成の車両も増えてきた小田急。1000形で初めて登場した10両固定編成は、その後3000形、4000形、5000形と編成数を増やし続け、4両と6両を繋いだ10両編成は少しずつ数を減らしています。昔の小田急の10両といえば ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

一部の編成が廃車となりつつも、まだ多くの編成が在籍している小田急8000形。関東では少なくなった普通鋼製車体の車両で、急行や快速急行にも充当され、現在も小田急全線で活躍しています。ステンレスの車体である1000形の未更新車が先に廃車となっていますが、そもそも8000 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

急行の10両化を進めるため、1978年に登場した小田急5000形の6両編成。約4年間で120両が製造され、大型車の10両を増やすことが、いかに急務だったのかが分かります。6両の5000形は、短期間で集中的に製造された割には、編成ごとの仕様差が多いことが特徴ですが、4次車には試験 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県内の小田急の駅としては初めてとなるホームドアが、登戸駅に設置され始めました。使用を開始するのはまだ先ですが、開いた状態のままのホームドアが見られるようになっています。小田急とホームドアといえば、気になるのは1000形のワイドドア車です。登戸に設置され ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急3000形の製造区分ごとの仕様差をまとめていく特集は、今回で4回目となります。変化が少ない時期となるため若干退屈になると思いますが、後半がまた面白くなると思うので引き続きお付き合い下さい。今回は4次車をご紹介しますが、3次車と大きくは変更されていません。30 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

電磁直通ブレーキを使用している従来の車両との併結を可能としつつ、電気指令式ブレーキを採用して登場した小田急3000形。当時の小田急は分割併合が盛んで、異なるブレーキ方式の車両を併結して運転できるようにすることで、新しい技術への移行をしつつ、運用上の制限を設け ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

落雷の被害から車両を守るため、電車に設置されている避雷器。小田急の車両も例外ではなく、パンタグラフの周辺に円筒形の部品が確認できます。現役の車両では、8000形、1000形、2000形、30000形が屋根に避雷器を設置しており、全て円筒形のものとなっています。昔の小田急で ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急で最も多い形式となっている3000形。その3000形の製造区分ごとの仕様差をまとめていく特集、今回は標準仕様の色が濃くなった3次車をご紹介します。3次車は、その後の3000形の基本を確立した車両となっており、これ以降は変化が少なくなっていきます。そして、3000形と ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

製造から年数が経過した車両に対して行い、新車との差を少なくするための車両のリニューアル。多くの鉄道会社で行われていることですが、小田急も例外ではなく、現在は1000形と30000形のリニューアルが進められています。しかし、1000形の一部に廃車が発生し、小田急は全車両 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

中型車や非冷房車が一掃され、冷房がある大型車に統一された平成初期の小田急線。長さが同じ4扉の車両に統一されたことで、乗客への案内がしやすくなりました。一方で、異なる形式を連結した編成がとても多く、運転には苦労が多かったと聞きます。この時期に活躍していた車両 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ