Odapedia

カテゴリ:小田急電鉄 > 小田急電鉄(ロマンスカー)

戦前から週末温泉急行というノンストップ列車の運転を行い、それが発展することで形成されてきた小田急のロマンスカー。現代では小田急を象徴する存在となっており、ブランド力の向上にも寄与しています。戦時中に運行が休止となった週末温泉急行に代わり、戦後には新宿から ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤や通学用の車両からロマンスカーまで、多種多様な形式が活躍する小田急線。近年は見た目のバリエーションが豊富となりましたが、多くの車両に共通することとして、走行音が静かであるという点があげられます。新しい車両ほど低騒音化が進んでおり、それは小田急に限った ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

最大10両で運転され、各車両に1ヶ所のドアが設けられている小田急のロマンスカー。営業運転時の運用が変わり、最近は一部のドアが開かなくなりました。開かないドアは2ヶ所のみですが、なぜこのような運用となったのでしょうか。ホームドアの設置に伴う運用の変更2022年11月1 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

50000形(VSE)が定期運行を終了し、ラインナップが少々寂しくなってしまった小田急のロマンスカー。早すぎる引退に驚かされた記憶が新しいところですが、過去に活躍したロマンスカーについても、長生きをした車両とそうではない車両があります。明暗が分かれることが多いロ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

多種多様な車両が活躍し、乗車時にはどれに当たるのかという点での楽しみがある小田急。見た目の違いは分かりやすい部分ですが、搭載する機器や車両としてのスペックにも、意外な違いが隠れています。見えない部分の違いとしては、車両の重さという観点がありますが、どれぐ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根上に様々な機器が並び、賑やかな外見が特徴でもある鉄道車両。小田急の車両も例外ではなく、現代では必需品となった冷房装置や、架線から電気を取り入れるためのパンタグラフが並んでいます。屋根上に設置される機器はある程度決まっていますが、1000形や3000形では先頭 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

時代に合わせた様々な形式が登場し、通勤や通学、観光を中心に、日々の輸送を担ってきた小田急の車両たち。近年になるほど、一形式あたりの製造両数が多い傾向となっていますが、その時々の状況により製造両数は多くなったり少なくなったりしています。現在までに登場した小 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

観光輸送を主体としてきた従来の車両とは異なり、日常での利用を考慮して設計された小田急の30000形(EXE)。現在はEXEαへとリニューアルされた編成があるほか、発展型である60000形(MSE)も登場しました。ロマンスカーを利用する層の拡大を牽引したことは間違いない車両で ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい車両がメーカーから到着するよりも早く、1000形の廃車を進めている小田急。ダイヤ変更に伴う減便により、保有車両数を60両も削減できるとされていましたが、最新の発表では80両を削減予定と書かれています。5000形の増備は続けられているものの、置き換えの計画が変更 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

約27年間に渡り、特急料金の値上げを実質的には行ってこなかった小田急が、2022年10月1日より料金を改定することを発表しました。消費税の増税に伴う変更を除くと、値上げは1995年以来のこととなります。小田急を象徴する存在でもあるロマンスカーですが、その特急料金を値上 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ