Odapedia

カテゴリ:小田急電鉄 > 小田急電鉄(ロマンスカー)

昔に比べて停車する駅が多くなり、普段の利用が格段にしやすくなった小田急のロマンスカー。あまり長くない距離を快適に移動したい時にも、気軽に乗れるようになりました。そんなロマンスカーの停車駅には、待避線があるという共通点があります。なぜそのようになっているの ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの鉄道ファンに衝撃を与えた、小田急50000形(VSE)の早期引退。2022年3月11日に定期運行を終了し、2023年の秋頃に引退する予定となっていますが、VSEが定期運行を終了した後は、前面展望席を備えるロマンスカーがGSEのみとなり、少々寂しい状態となってしまいます。小田 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

徹底的な修繕や改良が行われ、近年は新車に近い状態にまで整えられるようになった小田急の車両更新。対外的にはリニューアルという表現が用いられていますが、昔から車体修理として製造から時間が経過した車両に対して行われてきたものです。近年になるほど、更新内容は細部 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急の沿線価値を高め、多くの利用者から愛されているロマンスカー。座席指定制の有料特急列車となっており、専用の車両が運行されています。時代のニーズに合わせて、今までに様々な車両が製造されてきましたが、通勤型車両とは製造される車両メーカーの傾向が異なってい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

4両と6両の編成を繋ぎ、小田急や東京メトロ線内を10両で運転しているロマンスカー。通勤型車両と同じ10両編成が頻繁に走っていることは、全国的にも比較的珍しいといえます。小田急のロマンスカーが10両で走ることは、どれぐらい凄いことなのでしょうか。20m級車体の10両編成 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年の秋頃に引退することが発表され、2022年3月11日には定期運行を終了する小田急のVSE。20年未満の活躍期間は、鉄道車両全体として見れば短命であり、理由や事情を別とすれば、残念で寂しいできごととなりそうです。一方で、小田急ロマンスカーの歴史において、早期引退 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年3月11日をもって定期運行を終了し、2023年の秋頃に引退することが発表された小田急のVSE。約18年という短い活躍期間での引退は、多くの鉄道ファンに衝撃を与えました。一方で、活躍期間が短く、車両自体が比較的新しいことから、他社への譲渡があるのかについても注目 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイヤの変更に合わせて、50000形(VSE)が定期運行を終了することが小田急から発表されました。発表の直後から、早すぎる引退を惜しむ声が鉄道ファンの間で溢れており、ダイヤの変更以上のインパクトがあったようです。2005年に営業運転を開始してから約17年で定期運行を終 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1980年代の後半から1990年代の前半にかけて、日本はバブル期と呼ばれる好景気の時代でした。バブル期の影響は鉄道にも見られ、各社で豪華な車両が登場するといった動きがあったことが思い出されます。小田急においては、この時期に3形式が登場することとなりますが、それらの ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

遠くで強く輝き、昼間でも車両の接近を知らせてくれる前照灯。HIDランプの採用によって、前照灯は昔よりかなり明るくなりましたが、最近はLEDを採用する車両が増えており、HIDランプをLEDに交換するケースも多くなってきました。小田急についても同様の傾向となっていますが ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ