Odapedia

カテゴリ:小田急電鉄 > 小田急電鉄(その他)

沿線の宅地化が進み、線路脇のほとんどに住宅が建ち並ぶようになった小田急線。昔は農地となっている場所が多くあり、今よりものんびりとした雰囲気の区間が点在していました。そのような場所は色々とありましたが、その中の一つが柿生や鶴川付近で、住宅に混ざって田んぼが ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田原線の新百合ヶ丘から分岐し、唐木田までを結んでいる多摩線。小田急では最も短い路線ですが、多摩ニュータウンに入ると沿線の景色が変わり、小田原線や江ノ島線とは違った魅力があります。多摩線は1974年6月1日に小田急永山まで開業しましたが、一部の車両の行先幕には ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。小田急では2021年から2022年にかけても終夜運転が行われず、静かな年越しとなりました。今年の小田急ではどんな変化があるのか、分かっていることを中心にまとめ、今年最初の記事としたいと思います ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もこの記事を書く日がやってきました。新型コロナウイルスの感染拡大による混乱は今年も続き、昨年を超える苦しさもあった1年だったのではないでしょうか。小田急においては、昨年を超えるといってもよいぐらい、大きな変化があった1年となりました。大晦日の恒例となっ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年3月12日に行われるダイヤの変更によって、小田急では新松田駅が絡む列車に大きな変化が起こるとみられます。現行のダイヤでは、新松田で折り返す列車が日中にも多く設定されていますが、新しいダイヤではそれらの列車がなくなることが発表されているからです。折り返し ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年3月12日に実施されるダイヤの変更によって、小田急では列車の運行本数が削減されます。大きな変化があるのは日中で、列車の本数が減ることに加えて、運行のパターンにも変更が発生するようです。運行本数の見直しによって、小田急の日中にはどのような変化が生じるので ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

運転本数の見直しを中心として、2022年3月12日に減便を伴うダイヤの変更を実施する小田急。後ろ向きな内容が多いためか、ダイヤ改正という表現を使用していませんが、変更点は多岐に渡るものと思われます。様々な変更が発生するこのタイミングでは、江ノ島線の運行形態が大き ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新宿から小田原までを結ぶ小田原線に、二つの支線を持つ小田急線。1948年に設立された会社ですが、その歴史は1923年に設立された小田原急行鉄道からスタートしています。小田急がどのような歴史を経て現在の会社となったのか、今までの経緯を簡単に振り返ってみたいと思いま ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

複々線化事業が完了し、ラッシュ時を中心にスピードアップと混雑の緩和が図られた小田急。平行ダイヤによって苦しい輸送が行われていた過去と比較すると、夢のような状況にまで改善されました。とにかく走るのが遅かった昔のラッシュ時は、どれぐらいの所要時間がかかってい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田原線、江ノ島線、多摩線の3路線を運行し、総延長は120.5kmに及ぶ小田急線。それぞれの路線に個性があり、毎日沢山の乗客を運んでいます。記事の内容を考えていたところ、各路線の中間地点はどこになるのだろう、ふとそんなことが気になりました。各路線の中間地点がどこ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ