Odapedia

カテゴリ:小田急電鉄 > 小田急1000形全編成ガイド

1988年に営業運転を開始した小田急1000形。小田急1000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。1755Fの概要4両の1554Fと1555Fを組み合わせ、2004年に登場した6両です。新宿方に1554Fの4両、小田原方に1555Fの2両が配置され、余った1555Fの2両は1756F ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1988年に営業運転を開始した小田急1000形。小田急1000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。1752Fの概要初めてのワイドドア車として1991年に登場した編成で、6両の1次車です。1次車は2編成が登場していますが、1751Fよりも1752Fのほうが先に竣功し ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1988年に営業運転を開始した小田急1000形。小田急1000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。1059Fの概要1988年の後半に4両の2次車として登場した編成で、1次車とは異なり営団地下鉄(現在の東京メトロ)千代田線への直通運転に対応した仕様となり ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1988年に営業運転を開始した小田急1000形。小田急1000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。1062Fの概要4両の3次車として登場した編成で、2次車に続いて営団地下鉄(現在の東京メトロ)千代田線への直通運転に対応した仕様となっています。3次車は ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1988年に営業運転を開始した小田急1000形。小田急1000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。1092Fの概要10両の2次車として登場した編成で、全3編成が増備された中の最初の編成です。登場当時の小田急では10両固定編成が珍しく、1092Fが2本目の登場 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ