Odapedia

タグ:富士急行5700形

元京王5000系の1000形や1200形が数を減らし、近年はJR東日本から205系を譲り受け、6000系として導入している富士急行。他にも、元小田急20000形の8000系、元JR東海371系の8500系が活躍し、中小民鉄としては元気な路線です。富士急行には、現在も元RSEの8000系が走っています ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

4両編成として登場し、1962年に2両化された片割れの編成。小田急2220形としては、第1編成に含まれる車両である。デハ2223が増設された運転台で、2400形と同様の前面となっている。他の編成と異なり、前面貫通扉脇の手すりが無塗装だったことが最大の特徴で、かなり目立つ存在 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

近年はJR東日本の205系を譲り受け、6000系として運行している富士急行。現在も少しだけ残っていますが、一世代前となると、京王の5000系を改造した1000形です。その1000形より前の世代として在籍していたのが、元小田急の2200系列を譲り受けた5700形でした。全16両が在籍し、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

16両が譲渡され、富士急行で5700形となった元小田急の車両たち。元々は2200系列の4形式で、2200形、2220形、2300形、2320形の全形式が譲渡されました。こうしてほとんどの車両が5700形となった富士急行は、一時期小田急博物館のような路線となりましたが、元京王5000系の1000 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ABFM系列とは、小田急2200形、2220形、2300形、2320形をまとめたグループを指します。登場時の役割はそれぞれ異なっていましたが、最終的に2両の高性能車に統一されたため、まとめて扱われていました。廃車後は富士急行と新潟交通に譲渡された同グループですが、各形式にはか ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は以前紹介した富士急行訪問時の別カットから。当時は当然フィルムカメラで、今のように大量に撮ることはできない時代でした。これはフィルムの最初に記録されていたものです。この目で見たくて見たくて仕方がなかった小田急のABFM車が、目の前に現れた最初の瞬間だった ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

富士急行には小田急からABFM系列の4車種全てが譲渡されましたが、2枚窓の2200形は1編成のみで珍しい存在でした。廃車が始まった頃、慌てて訪問した際に撮影した写真を今日はご紹介します。パンタが切れているのが残念ですが、撮影できただけでも今思えば幸せなのかもしれませ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ