Odapedia

タグ:小田急クヤ31形

営業用車両に測定用の装置を搭載し、保守作業を効率化する動きが各社で始まっています。JR東日本では本格的な導入が進められており、小田急に乗り入れている常磐緩行線の車両にも、線路設備モニタリング装置が取り付けられている編成があります。現在はクヤ31形を使用して行 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急の全線を2日間かけて走行し、軌道や架線の検測を行っているクヤ31形。8月7日と8日に検測が行われ、今回は1000形の1051Fが牽引車を務めました。今後は牽引車が8000形に変更されるとみられていますが、今回は今までと変わらない日常を見せてくれました。1000形の1051Fと ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1000形の未更新車が廃車となっていることで、今後の動向が注目されていたクヤ31形の牽引車。1751Fと1752Fが廃車となり、1051Fのみがクヤ31形の牽引に対応している状況となっていましたが、どうやら今後の牽引車は8000形となるようで、小田急ファンを驚かせています。クヤ31形 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

電磁直通ブレーキを使用している従来の車両との併結を可能としつつ、電気指令式ブレーキを採用して登場した小田急3000形。当時の小田急は分割併合が盛んで、異なるブレーキ方式の車両を併結して運転できるようにすることで、新しい技術への移行をしつつ、運用上の制限を設け ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急で初めての総合検測車として、2003年に製造されたクヤ31形。軌道や架線の検測を営業列車が走る時間帯に行うことが可能で、それまで終電後に行われていた検査を日中にできるようになりました。クヤ31形は動力を持たない制御車となっているため、1000形に牽引されて運転 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急のロマンスカーで初めて前面に展望席を設け、現在まで続くロマンスカーのイメージを定着させるきっかけとなったNSE。展望席に座って走る喫茶室の紅茶を飲み、補助警報を鳴らしながら走る光景が、少し前のロマンスカーのイメージでした。さて、少し前のロマンスカーでは ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2003年に姿を現し、小田急ファンに衝撃を与えたクヤ31形。色々と面白い点が満載な車両ですが、普段は見られない部分として、連結面があります。クヤ31形は自走ができないため、検測を行う際は1000形に牽引されて使用します。そのため、小田急では珍しく、先頭車と妻面が隣り ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新5000形が登場し、いよいよ始まりそうな小田急の車両置き換え。8000形や1000形が中心となりそうですが、これによって影響を受けそうなのがクヤ31形の牽引車です。クヤ31形の牽引車には、現在1000形の特定編成が使用されています。具体的には、4両の1051Fと、6両でワイドドア ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2003年9月18日に甲種輸送が行われた小田急のクヤ31形。3000形に似た車体を持ちながら、色々と面白い外見をしています。その中でも気になるのが、どこかで見たような形をしているクーラーのキセで、4000形の屋根上に載っていたものと同じ形をしているのです。これはどういうこ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急のイベントといえば、秋に開催されるファミリー鉄道展です。1999年からスタートしたこのイベントは、保存車両や退役が近い車両が展示されることが多く、ファンにとっては嬉しいものでした。毎年の展示が面白かったわけですが、2007年に事件が起こります。この年は開業8 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ