Odapedia

タグ:小田急2000形

代々木上原から登戸までの区間が複々線化され、日夜多くの車両が行き交っている小田急小田原線。東京メトロの千代田線や、JR東日本の常磐緩行線とも相互直通運転を行っているため、走行する車両のバリエーションも豊富です。当たり前となった小田急の複々線、その歴史は意外 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1995年に8両が2編成登場し、その後の小田急の主力車両になると思われた2000形。しかし、次の増備は3年後の1998年で、さらに2000年に6編成がまとめて増備され、72両で製造が打ち切られてしまいました。2000形は前面のデザインが1000形と共通とされたため、新形式が登場すると ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1000形の1081Fに廃車が発生したことで、ステンレス車だから安心はできないという空気が小田急ファンの間に広がりました。それまでは、8000形の界磁チョッパ制御で残る編成や、1000形のワイドドア車が危ないと思われていましたが、1081Fの件で一気に分からなくなりました。そ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急小田原線の各停といえば、向ヶ丘遊園行きか本厚木行きというのが昔の定番でした。それ以外の行先は比較的珍しいものが多く、そういった列車を狙って撮影する楽しさがあったものでした。そんな小田急の各停に、日常のパターンとして新松田行きが存在していた時期があり ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝のラッシュ時に上り方向にだけ運転され、小田急の中では運行本数が少ない種別となっている通勤急行。平日のみの運行となっていることもあり、希少性の高い種別です。現在は全列車が10両で運転される通勤急行ですが、登場直後には8両で運転される列車が存在しました。その列 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

8両が9編成在籍し、小田急の車両形式としては比較的少数派となっている2000形。近年の小田急では、各駅停車を含めた10両化を推進しており、8両編成の車両は徐々に肩身が狭い存在になりつつあります。そのような状況の中で、2000形は全編成が8両であり、現在は完全に脇役とし ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1995年に登場し、東京メトロ千代田線への乗り入れも考慮している等、通勤型車両の決定版と位置付けられていた小田急2000形。しかし、登場当初の思惑は外れ、8両が9本登場した段階で増備は打ち切りとなり、以後は3000形が大量に増備されることとなりました。合計で72両となっ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1000形の後継形式として、1995年に営業運転を開始した小田急2000形。やさしさをテーマとして開発された2000形には、従来の車両とは異なるものが多く採用されています。2000形の開発は、いくつかのテーマに分かれていますが、その中に乗客を対象としたものがあります。小田急 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロイヤルブルーの帯を巻いた車両、これが小田急の車両のイメージでした。実際には、帯の色は時期によって違うのですが、基本パターンとしては変わっていません。これに変化があったのは、4000形の登場時です。帯の太さはそのままですが、新たにインペリアルブルーと名付けた ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急における機器流用車といえば、4000形が有名な存在です。吊り掛け駆動で登場し、後に2400形の機器を流用して高性能化されました。4000形の廃車によって消滅したように思える小田急の機器流用車ですが、実は現在も一部の編成に存在しています。まずは有名なところとして ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ