Odapedia

タグ:小田急20000形

JR東海の御殿場線直通用車両として、1991年に運行を開始した小田急のRSE。それまでのロマンスカーと異なり、371系と基本仕様を合わせた設計となっています。それまでのロマンスカーといえば、11両の連接車というのが定番で、前面展望構造を採用していることがブランドにもな ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急のイベントといえば、秋に開催されるファミリー鉄道展です。1999年からスタートしたこのイベントは、保存車両や退役が近い車両が展示されることが多く、ファンにとっては嬉しいものでした。毎年の展示が面白かったわけですが、2007年に事件が起こります。この年は開業8 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急ロマンスカーの並びといえば、同形式、他形式問わず撮りたくなるもの。その並びがほぼ確実に撮れるのが、単線区間である箱根登山線内です。各駅に交換設備があり、適当に撮っていても色々な並びが撮れるので、たまに目的なく撮りに行っておくと良いかもしれません。比 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急の最新型ロマンスカーであるGSEは、展望席を備えながらも7両のボギー車となりました。GSEには、歴代ロマンスカーの様々なエッセンスがあると個人的に思うのですが、ボギー車の7両編成といえばRSEが頭に浮かんできます。JR東海の御殿場線に乗り入れる仕様となったことで ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

御殿場線直通用として登場した小田急のRSE。HiSEに続きハイデッカーを採用し、高い位置にある側面の窓が印象的でした。展望席が無く、20m車であることから、側窓がとても長く見えるのが印象的です。このハイデッカーが原因で、引退が早まってしまったのは本当に残念なことで ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

LSEの引退が近付き、沿線が騒がしくなってきた小田急線。以前はいつが騒がしかったかなと振り返ると、2012年の3形式同時引退騒ぎがありました。当時あまり撮影をする時間が作れなかったので、最晩年の写真はあまり残せていません。少々悔やむところではありますが、それが今 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

常に1編成があさぎり号に使われていた小田急のRSE。もう片方はどうだったかというと、展望車と同様はこね号等で走っていました。写真は新百合ヶ丘を通過しようとするRSEです。JRの371系が検査の時等を除いては、このようにもう片方が線内運用で使われていました。Odapediaを ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は20000形の写真から一枚。面縦とはいっても、実はこれの元写真は横だったりします。失敗して没になりそうなところを、縦にしてアップにすることで救済してみました。Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ